和風のアート,画材文具の通販〜書く瞑想〜マインドフルネス

禅然ホームへ
ログイン カートを見る

「禅然-ZENZEN-について」

-自由に、無心で、徒然なるままに、アートを通じて禅体験をする。- 

禅の教えである「あるがままを受け止め、自分自身の存在の真実を探すこと。」
そのために禅僧は修行をするのですが、 「禅然-ZENZEN-」では、普段の暮らしの中で何気なく実践できることを紹介します。
アート活動 → 集中、ゾーン→ 気づき、ひらめき、アイデア創造へ。それはパソコンやスマホではなく、書く(描く)ことに意味がある。
様々な用途や場所、ワークショップとしてもご利用いただいています。
@神社仏閣、シルバー教室、老人ホーム、介護施設、リハビリ施設、教育、研修、アートセラピー、大人の趣味、図画工作、夏休み自由発表、プレゼント(定年退職祝い)

 

「マインドフルネス」

マインドフルネスの効果

(1)感情をマネジメントできるようになる

衝動的な感情を司る脳の部位・扁桃体の活動が抑制され、感情への気づきも高まるため、激しい感情へのマネジメント力が高まる。部下や子どもに対して、思わず感情的な言葉を投げかけてしまうことも防げる。

(2)仕事の生産性が高まる

交感神経系を落ち着け、副交感神経系を活性化させるため、ストレスが軽減され、その結果、仕事の生産性が高まる。またアイデアがわく脳になるので、創造力もアップ。思いがけない企画がひらめくかも!

(3)免疫システムの働きが上がる

私たちの体を病原体から守る免疫システムの働きがさかんになるため、病気になりにくい体になる。慢性疼痛(とうつう)や喘息、糖尿病など身体的症状や不安、不眠、恐怖症、摂食障害など精神的な症状も改善する。

「プレジデント ウーマン 2017年11月号」より

 

「禅について」

禅は、精神を統一して真理を追究するという意味のサンスクリット語を音訳した「禅那」(ぜんな)の略で、坐禅修行をする禅宗をさす言葉です。自分自身の存在の真実を探すこと。そのために禅僧は修行をするのですが、禅は普段の暮らしの中でも実践できます。みずからを律し、万物に感謝し、ムダを省き、生き方を見つめ直すこと。そんな根本的なことが禅につながります。

上部へ戻る